万葉集 勉強会


2020年1月17日(金)10:00~11:50
「読んでみよう!万葉集」⑤


関戸公民館8F第3学習室  
 須知、斉地、狩野 講師  

参加者:13名


 今回の歌は、巻1の13~16番。

 

初期万葉には伝承歌謡によるものが多くみられます。

 

13番の中大兄(なかのおおえ)の三山(香具山・耳梨山・畝傍山)の歌もそうです。

 

神戸市東灘区には菟原処女(うないおとめ)伝説があり、処女(おとめ)(づか)古墳にこれに因む万葉歌碑が建てられています。

 

ここには、歴史古街道団では馴染みの深い小山田高家の碑もあります。高家は新田義貞の身代わりとなり処女塚で討たれたと『太平記』にあり、忠義の人・高家が生れた村は、「忠生村」(町田市)となった。

 

15番 わたつみの 豊旗雲に 入日さし 今夜の月夜 さやけかりこそ

 

16番 額田王(ぬかたのおおきみ)の春秋判別歌 

 

季節を大切にする日本人の感性はどこからきたのか、額田王は歌を作るとき文字で書いたのか、また明日香の話、飛鳥川の話、水運の話なども出ました。

 

 最後に、今まで読んできた天皇の宮の変遷についておさらいをしました。 

 

<大和三山とは>

 

〇香具山(標高152.4m)

 

多武峰(とうのみね)山系から延びた尾根が、長い年月の中で浸食され、香具山の部分だけが残りました。

 

風土記(ふどき)には天から降ってきたという伝承が残り、大和三山の中で最も神聖視された山です。 

そこから「天の香具(久)山」とも呼ばれます。 

 

〇畝傍山(標高199.2m)

 

大和三山の中で最も高い山で、死火山です。 

麓は神武天皇が宮をおいたところとされており、現在は橿原神宮や神武天皇陵の森が、深閑(しんかん)とした雰囲気を(たた)えています。 

 

〇耳成山(139.7m)

 

畝傍山と同じく死火山で、大和三山の中では最もバランスの取れた美しい形をしています。 

 

鉄道唱歌第5集の37番では 

「桜井いでてわが汽車は 畝傍(うねび)(みみ)(なし)香山(かぐやま)(かなえ)に似たる三山(みつやま)を前後に見つゝ今ぞゆく」と桜井線(万葉まほろば線)の車窓から見える大和三山を歌っています。  

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

<次回>

 

221日(金) 

関戸公民館8F第3学習室 10001200 

 

3月20日(金)祝日

関戸公民館7Fワークショップ・ルーム 10:00~12:00

ー勉強会の様子ー